ドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」パンフレット 送料無料
5a9cef480af15b64fc000172 5a9cef480af15b64fc000172 5a9cef480af15b64fc000172 5a9cef480af15b64fc000172 5a9cef480af15b64fc000172 5a9cef480af15b64fc000172

ドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」パンフレット 送料無料

800 JPY

About shipping cost

ドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」パンフレット 全30ページ。 原発事故から2か月後、国は“警戒区域にいる全ての家畜を殺処分する”指示を出す。避難を強いられる農家は、涙を飲んで殺処分に応じるしかなかった。しかし十数軒の畜産農家が被ばく牛を生かそうと決意した。住んではならない警戒区域の中に住み、また数十キロ離れた避難先の仮設住宅から通い、被ばくした牛の世話を続けている。被ばく牛を生かす唯一の道、「大型動物による世界初の低線量被曝研究」に役立てること。国策による事故でありながら、国は全人類にとって必要なこの研究から手を引いていく。事故翌年、牛に原因不明の白斑が出現。大学研究者は原因を調べるも、被曝との因果関係を立証するには、さらに数年の時間がかかると言う。原発事故で、故郷も仕事も奪われながらも、経済価値のない牛を生かし続ける畜産農家の心情を5年間にわたって丁寧に記録した作品です。

Other Items